情報をざっくりまとめてみました

要らなくなった着物を処分するとき、気になるのはやはり値段ですよね。
相場があれば知りたいというのも当然です。ただ、中古着物の値段というのは、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、ひと括りにできないところがあります。
もしまったく同じものがあったとしたら、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。
和服エキスパートの査定士がいるお店に値段をつけてもらうことは、結果的に得になると思います。
着物の買取を考えているので、まずは査定額は何で決まるのかポイントを探ってみました。
ものが良くて、買ったときに高かったというのは絶対に必要なことですが、それにプラスして、シミがないこと、傷がないことなどもかなり重要な問題のようです。ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても鑑定のときに傷が見つかったら査定額は大幅に下がるようです。
着なくなった和服を買取に出そうと思っていたら、友達が売却の流れについてネットで調べてくれました。
やはり古いものより新しくて状態が良い着物のほうが高額鑑定がつきやすく、刺繍のほつれや生地の傷みがあると、元が良い着物でも査定額は落ち、価格がつかない(引き取らない)こともあるようでした。値段がつかないというものはさすがになさそうだし、とりあえず鑑定だけでもと思いました。
いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、大事に手入れしてしまっていたのですが、圧倒的に洋服で過ごすことが多くこれからその着物を着ることもないと思って思い切って処分しようかと迷いました。
買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物や浴衣の買取をエキスパートに行う業者も結構あるとわかりました可燃ゴミになるより、リユースできれば人の役に立てると考えて買い取りしてもらうことを決心しました。
いわゆる着物の買取価格はいろいろな要因で決まります。
着物としての素材や仕立ての良さだけでなく、新品に近いかどうかがシビアに問われます。着物としてどれほど高級だとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば本来のバリューを認めてもらえないのはどの業者でも同じです。
ただし、簡単にその汚れを落とせる場合、それなりの値がつくこともあり得ます。
いずれにせよ、素人が安易に決めつけずにまず無料査定にかけてみるのが一番です。仕事で和服でも着ない限り、一般人が着物を売却することはまずないと思うので、処分を考えているのなら、良い値段で買取してもらえるよう、由緒ある和服買取店の評判のチェックぐらいはしておきたいものです。
サービスが充実していて高値買取してくれそうな業者さんにあたりをつけたら、その中から2社以上に査定させ、額や評価を比べてみると一目瞭然です。
仮に査定額が同じなら、鑑定内容や対応がしっかりした業者を選べば、結果的に良い取引ができるでしょう。
多くの着物買取業者では、着物と帯の他にそれに合った小物類、帯締めや帯揚げなども買い取りを行うことが多いです。ただ、襦袢の買取は期待しないでください。
肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用されたものは誰も買わないためです。しかし、全く買い取らないわけでもなく、素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。まずは査定にかけることをすすめます。最近はリサイクルが浸透してきたおかげで、着物を買い取ってくれる専門業者が増加する傾向にあります。
ネットさえあれば買取業者はたくさん見つけられますが、もっとも気になるのは、本当は営業実態がなくて、依頼者から送られてきた着物だけを騙し取るような詐欺まがいの営業を行ってトラブルになっている業者もあるという事実です。着物買取に査定してもらうときは、喪服は例外的に考えたほうが良いでしょう。
普通のお店では喪服というのは扱っていないところが多いからです。
中古の着物を扱っている店舗では、喪服の流通はきわめて少ないからです。
事情を分かっていても、捨てるのだけは避けたいというのであれば、ほんのひとにぎりとはいえ、喪服を買ってくれる業者さんもありますから、調べて問い合わせしてみると良いかもしれませんね。
大切な着物を処分するときは、元の価格を考えたら、信頼できそうなところでないと、相場より低い価格で、損をしてしまうこともあります。
よくある和服買取業者への苦情といえば、買い叩きが最も多く、ほかには宅配査定関係も増えました。対面と違って「入れた・入れていない」の押し問答になりますね。まず業者のクチコミ情報などを集め、吟味した上で査定を依頼し、それから、発送する前に写真に撮っておくのも自分のメモ代わりにもなり、トラブル防止に有効です。