少しずつお家でケアする方法のカギとは?

歯を綺麗にするパールクチュールには、大きく分けて、歯科で全ての施術が完了するオフィス黄ばみと、ホームパールクチュールという、自宅で一人でできる方法があります。
すぐに真っ白の歯を手に入れたいという方には、歯医者さんで行う方法のほうがお勧めです。
健康状態や生活習慣によっても異なりますが、自宅で黄ばみのケアする場合と異なり、一回の施術で十分白くなります。ちなみに、歯列の矯正を受ける方の中では、矯正を始める前にまずはパールクチュールを済ませてしまう人もいるようです。従来通りの、ブラケットという器具を用いる歯科矯正では、金属製のワイヤーが目立ちすぎることを気にされる患者さんがほとんどでした。
しかし、現在では、ワイヤーのかわりに透明なマウスピースを被せる方法ができたので、ほとんど周りから分からない形での矯正を利用できるようになりました。
その上、マウスピースを外して歯磨きなどのケアもできるので、衛生面でも申し分なく、これからはワイヤーに代わって主流になるのではないかと思われます。
大人になるにつれて歯並びがますます気になるようになり、歯科矯正を決意しました。
大人になってからの矯正も、方法自体は子供と変わらないそうですが、大人は子供と比べて顎の骨が固まっていますから、歯を動かすのにも時間をかけることが必要になるとの話です。大人の場合、舌のクセも定まっているので、矯正と並行してこちらも治していくことになります。
なんにしても治療には非常に長い時間が必要になるので、矯正を受けたいと思っているなら、審美歯科になるべく早く相談することを推奨します。
歯の矯正によって体の不調が続いたため、矯正を外してもらったことがあります。歯並びがひどくてコンプレックスでしたから、矯正で綺麗になることを期待していただけに、辛い決断でした。
歯並びを良くする別の方法を教えてほしいと聞いてみたのですが、矯正と同等の効果が望めるやり方は特にありませんでした。矯正にも、向いている歯並びとそうでない歯並びがあるなんて、殆どの人が思いもよらない事実ではないでしょうか。
歯並びのために矯正治療を受けようと言っても、歯科矯正のやり方や期間は治療を受ける人によってかなりのバラつきがあります。何本の歯に歪みがあるのか、矯正が必要になる歯は何本くらいあるのか等がカギだと言えます。
基本的な矯正治療は、もともとある虫歯を治療し、その上で歯並びを確認しながら矯正の計画を立てます。そして計画に沿って歯に器具を装着したあとは、経過観察となるようです。矯正方針やスケジュールによって、必要な治療の期間が分かると思います。歯を綺麗にする施術としては、ステインのケアやクリーニングが知られていますが、パールクチュールというのは、歯を綺麗にしたいという美容目的で受けるものです。歯は毎日使うものですので、少しずつ黄色くなっていくのは仕方のないことですが、黄ばんでしまった歯を元通りの白さにするのがステインのケアです。
対して歯のクリーニングというのは、歯間に詰まった汚れを綺麗にするもので、ホワイトニングよりも医療寄りの行為ということになります。ちなみに、綺麗な歯の見た目を実現するには歯科矯正という手段もありますが、これには上下の歯の噛み合わせがよくなるので、顎の形も改善できるという利点もあるのです。