大人っぽく

メイクアップの長所:外観がきれいになる。メイクも嗜みのひとつ。実際の歳より大人っぽく見せたいという願望を叶えられる(あくまで20代前半まで限定の話)。人に与えるイメージを好みでチェンジすることができる。
残業、終電帰りの飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の幼稚園のお弁当作りや朝食の準備…。肌が荒れると承知していても、日々の生活では8時間もの睡眠時間を確保できない方が多いようです。
日本皮膚科学会の判別基準は、①掻痒感、②独特の皮疹とその分布域、③慢性・反復性の経緯3つすべてに合っているものをアトピーと診断する。
化粧の短所:崩れないようにお化粧直ししないといけない。クレンジングして素顔に戻った時に味わうがっかり感。メイク用品の出費が結構痛い。メイクしないと誰にも会えない強迫観念のような呪縛。
中でも夜の歯みがきは大事。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、夜はきちんと歯みがきすることをおすすめします。歯のブラッシングは何回も行えば良いわけではなく、1回1回のクオリティを向上することが大切なのです。
メイクアップでは傷などを目立たなくする行為に専念せず、リハビリメイクの力を借りて最終的には患者さん自身が自らの容貌を受け入れることができ、復職など社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOL(生活の質)をもっと向上させることが目的です。
本国では、肌色が透き通るように明るくて黄ぐすみや濃いシミが無い素肌を理想とする感覚がかなり以前から浸透しており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるくらいだ。
「デトックス」術にリスクや問題はまったくないのだろうか。そもそも身体に溜まるとされる毒素とは一体どんな性質のもので、その毒物は「デトックス」によって体外へ排出できるのだろうか?
美容の雑誌や本には、小顔になる、肌がきれいになる、ダイエットできるし、デトックス作用が期待できる、免疫アップなど、リンパを流してしまえば何もかも叶えられる!という謳い文句が載っている。
「デトックス」法には問題点やリスクはまったくないと言えるのだろうか。だいたい、体内に蓄積していく毒素とはどのようなもので、その「毒素」は果たして「デトックス」の力で体外へ流せるのだろうか?