インプラント治療を始める前に

差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないと言う事です。それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を創れるのが、インプラントの利点なのです。
高額なインプラントは、一体何年くらい持つのかというと、現状では確実な説はありません。歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。と言う事は、日頃のケアを欠かさなければかなり長い間保たせることができますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。
口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにして頂戴。治療技術が進歩しても、結局大切なのは自分自身でのケアなのです。また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診をうけるようにしましょう。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的なメンテナンスをうけなければなりませんのでその都度、費用がかかります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診をうけるように言われます。
メンテナンスをうけるごとに支払う料金は保険が聴く治療がほとんどなので、たいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を見込んでおいて頂戴。どんなケースであっても、インプラント治療をうける際に重視して欲しいのはどのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。
この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかく沢山のインプラント治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。
それだけでなく、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの現状、治療についていつでもきちんと説明してくれるなどが後悔しない歯科医選びの決め手となります。インプラントとクラウンがどうちがうかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口臭を人から指摘されるようになったという件がたまにあると言う事です。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。これには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもあると言われていますし、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察して貰うことが大切です。手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に過ごさなければなりません。普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。
血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って確認しておきましょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないなどの希望があるケースです。
ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生する為失った歯を直接再生する治療といえるでしょう。両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療方法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。
忘れてはいけないインプラントのメリットとして治療しゅうりょう後、義歯だと気づく人はめったにありません。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くとってつけた感じにならず、インプラントだとカミングアウトしなければいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療方法です。インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目を損なってしまう問題もあります。
失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めて頂戴。本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を捜すという手段もあります。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。
長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるのが成就への第一歩です。ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはけっこう大切なメリットの一つです。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は一緒に、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に造られていることはいうまでもありません。
キシリトールガムも、問題なく楽しめます。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。どこの歯科医の手術でも、痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れと一緒にだんだん痛くなってくることもありますが、化膿止めと一緒に、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。どんな治療方法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりあごの骨にインプラントを定着指せるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。
完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。
しかし、気に留めておくべきポイントがあります。
それは、誰にでも適用できる治療方法ではないことです。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。抵抗力を弱める病気、たとえば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりするケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングを忘れることはできません。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから早急に診察をうけましょう。
歯科治療の現場は日々進化を続けています。
最近は、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなどの事例もあります。
これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。
なるべくなら、インプラントを専門としている歯科を選ぶといいでしょう。
インターネットのレビューなども参考になります。
骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。
口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術をうけなければならなくなります。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。けれども、その訳が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療がうけられるかどうか、捜すことを勧めます。歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査をおこない、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
全身麻酔になることはほとんどありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院して手術するケースも実際にあります。自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
みんながインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。
おおむね保険適用外で、ほとんどすべてが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはかなりの開きが出ますし、歯科医院が技術料をどう見るかでずいぶん費用は変わってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるなどのことも他の歯科治療と異なります。
1本のインプラントを入れるのに、どのくらいかかるのかと言われると、標準的な治療で、インプラントを1本入れるのに30万円から40万円かかります。
持ちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって料金はずいぶん違ってきます。治療を開始してる前に費用の見積もりを出して貰い、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。
ここで重視すべきなのはインプラント治療をうけた方からの評価です。
何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、違和感を感じてもくれぐれも触らないようひたすら辛抱が大切です。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。
こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療をうけましょう。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大聴くなります。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。
ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行なうよくあるケースのインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。
院内感染防止の対策をサイト上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見て頂戴。どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は他の歯科治療とくらべても高額です。
健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、高価な材質を選ぶなどでその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
この2ピースタイプはさらに、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認して頂戴。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらの病気を完全に治すことが必要条件です。美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療できないといわれる可能性は低いため不安がなくなるよう歯科医に相談して頂戴。