ここで人生をすべて決めてしまうのか

自分がこれからおとなになってどんな仕事をして行きていくか・・・というのはいつ考えてもなかなか決めきれず迷っています。
実際進路を決めないといけない年頃なのでそろそろ確定しないといけないんですが、二十歳を迎える前に自分の人生をしっかり固めることってそんなに簡単にできることでしょうか?僕はなかなかそこができずに参っています。
親に聞いてみても、若い頃そこまで早いうちから人生を決めていたようにも思えなかったですし大学か働くかもしくは専門学校か・・・という大きな分岐点をこの時期に決めてしまうのは相当なリスクなんじゃないかとも思うんですね。
 
もともと小さい頃から絵を描くのが好きでやってきてたんですが、果たしてそれを仕事にしてしまっていいのかはかなり悩むところです。絵で生きていくなんて大変なことですし、それはもちろんある程度はやれるかもしれないけどだめになったときに悲惨だと思うんですよね・・・転職にもつぶしが利くのかどうか。
そう考えると絵は趣味のままにしておいて、全然関係ないところで働いていくと。資格なり取って、ある程度安心感のある世界で安定した状態で仕事して生きていくほうがやっぱり無難なんじゃないかとも思います。
 
何よりも絵で生きていくって怖いんですよね;上手い人なんか腐るほどいるし、そんな人達と競合関係になって一体どうやって勝ち残っていけばいいのかと思ってしまいます。
上手い人はとことん上手いという世界ですし、努力で勝てないラインってのはどうしてもあると思います。絵を描く仕事で生きてきて独立した人の記事なんかも見たりしているんですが、やっぱり大変だとも思います。とても真似できるものじゃないなあという感じで・・・。
 
いい加減人生を決めていかないといけないので、視野を広く持ちながらせめて少しでも楽しく進んでいける進路を選びたいと思います。